Movable Type 携帯サイトとパソコンサイトのテンプレートを振り分ける

公開日:  最終更新日:2009/05/26

Movable Type4で携帯サイトとパソコンサイトのテンプレートを振り分けるというか、トップページだけ「.htaccess」で振り分けて、そこから下層ページへは別々のリンクをたどらせる方法です。
「.htaccess」での振り分け方法はこちらを参考にさせていただきました。
.htaccessでのPCと携帯サイト振り分け方法

最初にお断りしておきますと、私はMovable Typeに詳しくありません。
検索して、リンク先読んで、コピペして、一歩一歩試行錯誤して、というレベルです。
なので、もし参考にされる場合、細かい部分はご自分で試行錯誤してください。

まずは携帯サイト用のテンプレートを作ります。
デザイン>テンプレート画面で、必要なテンプレートを複製し、携帯用のファイル名にします。

ブログのテンプレート管理画面キャプチャ

携帯用トップページ

「テンプレートを編集」画面の「テンプレートの設定」で、出力ファイル名を設定します。「index_m.php」「m/index.php」などご自由にどうぞ。
※PHP化しているので拡張子PHPで書いていますが、HTMLでもいいと思います。
テンプレートの種類は「カスタムインデックステンプレート」です。

携帯用スタイルシート

こちらもファイル名はご自由にどうぞ。
テンプレートの種類は「スタイルシート」です。

携帯用カテゴリー・アーカイブ

「テンプレートを編集」画面の「テンプレートの設定>アーカイブマッピング」で、パスをカスタムで指定します。
カテゴリー・アーカイブとエントリー・アーカイブは後であちこちにリンクを貼るので、MTタグと組み合わせて表現できるパスにしておく必要があります。

私は「<$MTSubCategoryPath$>/index-m.php」として、リンクURLを「<$MTEntryLink archive_type=”Category”$>index-m.php」と記述しています。
※「m/<$MTSubCategoryPath$>/index.php」という風に、前に差異化のための文字を設定するとURLの記述がしづらくなります。
種類は「カテゴリ」です。

携帯用エントリー・アーカイブ

「テンプレートを編集」画面の「テンプレートの設定>アーカイブマッピング」で、パスをカスタムで指定します。

私はファイル名を日付で管理しているのと、ログをフォルダ分けしたかったので「m/%y/%m/%d-%s%x」として、リンクURLを「<$MTBlogURL$>m/<$MTEntryDate format=”%Y/%m/%d-%S”$>.php」と記述しています。
種類は「ブログ記事」です。

あとは、それぞれのテンプレートをカスタマイズし、テンプレート内のリンク・CSSを携帯用のもので記述すれば完成です。
Movable Typeの文字コードは「UTF-8」ですが古い携帯だと文字化けします。
テンプレート上で「Shift_JIS」を指定するとよいでしょう。

画像のリサイズや全角→半角変換、記事分割などもできれば便利なのですが、やり方を見つけられていません。

関連記事-こちらもどうぞ
  • 記事はありませんでした
PAGE TOP ↑