職歴有りでの転職活動

公開日:  最終更新日:2009/01/19

アルバイトをしつつ転職活動をはじめましたが、今までとは違う手ごたえを感じました。

8ヶ月の派遣社員+1年3ヶ月のアルバイト。足して2年近い職歴となったため「経験者」と評価してもらえるようになったのです。 
まだアルバイトしている最中だったことも、よかったのかもしれません。

未経験のときに登録しておいた派遣会社に連絡し、さらにデザイン系に強い派遣会社にも登録しました。すると、すぐに仕事を紹介されました。

1件目の紹介はWEBプロデューサーで、私のキャリアではとても無理なものでした。
とりあえず顔見せには行きましたが、案の定すぐに断りの電話がかかってきました。

2件目の紹介はWEBデザイナーでした。自社サイトの仕事ではありましたが、他の企業の商品を紹介している小さなポータルサイトのような面もあり、広告代理店のようでもあり、様々な業種のデザインが経験できそうでした。

正直、この時点ではまだ派遣で働くと決めたわけではなく、制作会社で正社員を目指すことも考えていました。
ですから、正社員の求人募集にも目を通し、応募していました。

仕事のキャリアややりがいとしては制作会社は魅力的で、非常に迷っていました。
しかし、私が前職を辞めた理由は労働時間の長さです。
制作会社では、前職と同じように深夜残業や徹夜をして働くことが前提でした。

なんのために、大好きなインテリアの仕事を捨てたのか。
それを考え直したこと、そして派遣会社から2件目の採用の連絡があったことで、派遣で働いていくことを決めました。

正社員の方には辞退の連絡をして、あとはアルバイトが終わる日を待つのみとなりました。

PAGE TOP ↑