本の選び方

公開日:  最終更新日:2009/03/18

本を買うときは店頭で見てみるのが一番ですが、WEBデザイン系の本=専門書となると、近くの書店で買えないこともあるかと思います。
そういう私も、家の近くの書店で買える本は限られています。

レビューや売れ行きから選ぶ

ではどうやって本を選ぶかと言うと、Amazonのカスタマーレビューを参考にすることが多いです。
あとは、ブログ検索などをして買った方の意見を読みます。

また、Amazonには「マーケットプレイス」という中古商品の売買システムがあるので、こちらも参考にしています。
発売から数ヶ月で中古商品が数多く出品されたり、価格の値下がりが著しい本は、あまり買う価値がないと判断しています。

発行年月日をチェックする

WEBデザイン系の本は情報の新しさが大切なので、必ず発行年月日をチェックすること。
ただし、ソフトの本に関してはバージョンが合っていればよいですし、普遍的な事柄が書いてある本も例外です。

読みやすさをチェックする

これは書店で見ないとわからないことですが、本の読みやすさというのは大切です。
「わからない物事の本を買うのだから読みにくくて当たり前」と思って軽視すると、本当に読み進められないことも。
レイアウトや文章など、相性というのはあるものです。
数ページ読んでみて「わかりやすい」と思った本を選びましょう。

本を買うのは授業料

独学を選ぶのは金銭面で余裕がない方が多いかもしれませんが、オークションやマーケットプレイスで購入してもいいですし、読み終わったらまた売ればよいのです。

インターネットに向かっていると、情報はタダで当然と思いがち。
でも、本から得られる知識は質が高く・わかりやすく整理されているものも多いです。
授業料だと思って、本は積極的にチェックしていきましょう。

PAGE TOP ↑